居抜き物件でお店を経営しよう【起業を行なう際の最強サービス】

オフィス

メニュー

家賃の確認

女性

居抜き物件でお店を開業するにしても、家賃の負担は発生します。ここで、必要な負担の割合を確認して物件を有効活用できる方法をしっかり取り入れていきましょう。そうすることで、長くお店を続けられるということにも繋がります。

» 詳細へ

利用価値が高い

女性

飲食店をオーブンさせたいと考えるなら居抜き物件を探してみてはどうでしょうか?居抜き物件であれば、以前利用していた状態で使えるようになっているので利用価値の高い物件になりますのでおすすめです。

» 詳細へ

開業に向けて

オフィス

居抜き物件などを探す時は、不動産会社で紹介してもらうことになります。ですが、どこが良い物件なのかわからないという人も多いでしょう。そういった時は、安い費用で開業できるように色々な物件を見学してみてはどうでしょうか?

» 詳細へ

便利なサービス

居抜き物件の多様化について

オフィス

居抜き物件とは前借主が建物に施した内装や設置した器具、設備等を残したままの状態で貸し出される物件のことをさします。これは建物のオーナー、新借主、前借主三者にとってメリットがあるので古くから行われてきました。その大半は飲食店でしたが、近年、様々な業種で利用されるようになってきています。最近よく見かけるのが美容院や歯科医院です。これらと飲食店との共通点は開業するにあたり、専用の設備を複数必要とする点です。シャンプー台や診療台、鏡台やレントゲン設備などはそれぞれ必須のものですが、新規に導入しようとすると何百、何千と費用がかかります。ですが居抜き物件であれば、前借主から廉価で譲り受けることも可能です。

実際に利用するためには

居抜きという言葉は一般の方には馴染みが薄いかもしれませんが、不動産業界では当たり前のように使われている用語です。ですので居抜き物件を借りたい場合、不動産業者にその旨を伝えるだけで管理物件の中から紹介してもらえます。一方、前借主が建物を居抜き物件として明け渡したい場合はオーナーの承諾が必要です。建物の借主には賃貸借契約終了時には原状回復義務があるので、前借主の一存では居抜きを利用することはできません。居抜き物件を利用する際には、オーナーとの通常の不動産賃貸借契約とは別に前借主とのあいだで設備や造作の譲渡契約を結ぶ必要があります。最近ではインターネット上でも居抜き物件を扱うサイトが増えてきており、利用してみるのもよいでしょう。